沖縄の響き



 

金井喜久子管楽作品集

沖縄の響き

2009年6月6日 発売 

定価:2,880円(税込) 3SCD-0007

 

ピアノ:高良仁美(②③④⑤⑥)

フルート:江尻和華子(③)

トロンボーン:箱山芳樹(④⑤⑥)

演奏:リベラ・ウインド・シンフォニー(①②)

指揮:福田滋

収録作品

 

①沖縄復帰祝典序曲

 「飛翔(はばたき)」(1972)*

②沖縄ラプソディ~

    ピアノと吹奏楽のための(1966)*

③フルートとピアノのための

   「てぃんさぐの花変奏曲」(1973)

 トロンボーンによる「3つの奇想組曲」(1966)*

④激情

⑤哀愁

⑥嬉遊(ましゅんこ)

* 世界初CD化



日本人女性で始めて交響曲を作曲した金井喜久子の管楽作品集。

金井喜久子(1906-86)は著書「ニライの歌」で沖縄音楽について『誇るべき美しい南国のメロディー』と書いています。素晴らしい沖縄音楽を世界共通語である五線譜にのせることで、世界へ紹介しようと多くの作品を発表しました。その音楽は、沖縄の伝統・芸能・文化を基に発想され、いずれも親しみやすいメロディー・リズム・ハーモニーに溢れています。

収録作品は沖縄が祖国へ帰る姿を伝説の大鷲になぞらえた沖縄復帰祝典序曲「飛翔」、初演は三万人の聴衆を集めたというピアノと吹奏楽のための「沖縄ラプソディ」、誰もが知る沖縄民謡をフルートとピアノで奏でる「てぃんさぐの花変奏曲」、隠れた傑作トロンボーンによる「3つの奇想組曲」。ほとんどが世界初録音。

 まさに、沖縄が世界に誇る作曲家の管楽作品集といえましょう。

 演奏は、沖縄出身で金井作品のスペシャリスト高良仁美(ピアノ)、伸びやかで量感豊かな演奏で高い人気を誇る箱山芳樹(新日本フィル主席トロンボーン奏者)、別宮貞雄作品集の清らかな音色で注目された江尻和華子、そしてJapanese composers archives seriesに欠かせないリベラ・ウインド・シンフォニーと福田滋(指揮)です。

37回目の沖縄本土復帰記念日にあわせて発売。


無料カウンター